衣類乾燥機 乾太くん!高気密住宅との相性は⁈

かんたくん

ガス衣類乾燥機「乾太くん」

高気密住宅との相性は⁈

「かんたくん」の”高気密住宅に設置”についての解説。

「乾太くん」は家の中に設置する場合、
排湿筒が必要なので、最近の”高気密住宅”には適さない?

ある”オプション品”を活用する事で、対応可能です!

最近、新築住宅での採用にも大人気の「乾太くん」

高気密住宅では、”排湿筒”がネックとなり、採用が懸念されていました。

”ダンパー付き排湿口ガイド”のオプション設定により、解決。

どのようなオプション品で、本当に効果が有るのか⁈

上記の内容が理解して頂ける内容を、解説します!

1.高気密住宅へ「乾太くん」、何がネック?
2.ダンパー付き排湿口ガイドとは
3.気密に対して、効果があるのか
4.設置の際の注意ポイント
5.まとめ
最近の新築住宅におけるトレンドとも言える、「高気密住宅」への設置。
「乾太くん」の設置は可能なのか?を解説。

高気密住宅へ「乾太くん」、何がネック?

最近の新築住宅は、住宅の”省エネ化”がひとつの大きなポイント。

住宅自体の省エネ強化項目としては、以下が代表的。

住宅の”省エネ化”
断熱性能をアップ
⇒壁内の断熱材の強化や、サッシの性能UP
高気密化を図る
⇒無駄な隙間を減らす。換気は機械式の換気システム採用
「乾太くん」を家の中に設置する場合、”排湿筒”の設置が必須。
洗濯物を乾燥する際に出た”湿気”を、排出する配管。
この配管を壁貫通させるのに、φ90~φ115程度の穴が必要。
”排湿筒”の存在が、従来より”気密性能”に対しての不安材料となっていました。

「乾太くん」設置すると、高気密化が難しいって事?

最近は、ある”オプション品”を使用する事でクリアできます!

その”オプション品”が⇒「ダンパー付き排湿口ガイド」

風圧によって、シャッターが開閉するダンパーを内蔵。

運転停止中の、外気の逆流を防止してくれます!

次項で、詳しく解説します。

ダンパー付き排湿口ガイドとは

排湿口ガイドとは、「乾太くん」本体と、配管を接続する際の、”接続口”。

その”接続口”の部分に、”ダンパー”を内蔵したタイプです!

「乾太くん」は運転中は、ファンの力で空気を排出。

運転停止中、外気が室内に入ってくる可能性が有り、ネックとなっていました。

停止中は、排湿筒の中のダンパーが閉まることにより、外気をシャットアウト。

⇒これが、ダンパー付きガイドの役割です!

ダンパー付き排湿口ガイド(単品)

※2022年4月より、部材が新発売。記事を一部修正。

ダンパー付き排湿口ガイド(DG-AK)


内容ダンパー付き排湿口ガイド
φ80、φ100共用のオプション。
φ100の場合:写真右側のみ使用。
φ80の場合 :写真のガイドを2つ接続して使用。
ステンレス管で、配管をする際の”ガイド部分”単品オプション。
又は、すでに設置済みの現場で、ダンパー付きに変更したい場合に使用。
2022年4月21日~モデルチェンジ
(DG-80AK、DG-100AK)

φ80用:DG-80AK
φ100用:DG-100AK
※定価(税込)4,400円(φ80、φ100共通価格)
昔の「乾太くん」を大切に使用している人は、
φ80用を使用可能!
以前の排湿管は「DPS-75」の一種類のみの設定
⇒型式は”75”ですが、配管太さはφ80にて使用可能です。
created by Rinker
¥3,680 (2022/12/05 08:53:45時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,300 (2022/12/05 08:53:45時点 楽天市場調べ-詳細)

ダンパー付き排湿管セット

ダンパー付き排湿管セット(DPS-80KB、DPS-100KB)

内容:アルミフレキ(2m)、ダンパー付き排湿口ガイド、メガネ板、パイプフード
φ80とφ100の2種類ラインナップ。
ダンパー付き排湿管セット(DPS-80SA、DPS-100SA)

内容:アルミフレキ(2m)、ダンパー付き排湿口ガイド、メガネ板
通常のダンパー付きセットから、パイプフード(トップ)を削除した内容。
社外品のフードをセットする場合に使用。
φ80とφ100の2種類のラインナップ。
「乾太くん」オプションの”ダンパー”は、風圧で作動。
機械が作動する事による、排湿の風により、開閉。
電動式では無いが、効果が有るのかどうかを次項で解説!

気密に対して、効果があるのか

高気密住宅の”気密”に対して、効果が得られるのかどうか。

風圧で開閉するだけで、効果が有るの?

「効果が期待できそう」と検証した方が、いらっしゃいます。

「Pleasant Design」という設計事務所の川端順也先生が、発信されていました。

参考動画

オプションの”ダンパー付きガイド”の設置で、効果が得られそう。

気になる方は、動画を自身でチェックしてみて下さい!

設置の際の注意ポイント

気密性が改善できて、虫等の侵入防止も期待できる。

全ての取付け現場に付けたら、良さそうだけど?

取付けの際には、注意すべきポイントも有ります。

”ダンパー付き”の注意すべきポイント
①接続部分の寸法が余分に必要
②価格が高くなる
価格は定価差額で1,000円なので、そこまで気にならない。
問題は「①接続部分の寸法」をしっかりと計算しておくこと!
実際に、どのくらい寸法を計算しておく必要があるのか解説。

接続部分の寸法が余分に必要

接続部分の使用部材を、通常の接続ガイドから”ダンパー付き排湿口ガイド”に変更。

天井より下で、排湿筒を出していく場合に、必要な寸法をチェック!

φ100使用の場合

”ダンパー無し”と”ダンパー付”は同寸法
φ80使用の場合

”ダンパー付き”は標準品プラス76mm必要

φ100配管の場合の必要寸法、設置台高さ

φ100の場合は、ダンパー付きに変更しても寸法は同じ。

「乾太くん」本体上面から天井までの必要寸法=310mm

画像右が、ダンパー付き。
「乾太くん」本体上面から天井までの必要寸法=310mm
「乾太くん」本体高さ=684mm
天井高さ2400mmとすると、
⇒2400-684-310=1406mm
よって、設置台の最大高さは「MAX1400mm」となります!
(参考:専用台の最大高=1380mm)

φ80配管の場合の必要寸法、設置台高さ

φ80の場合は、ダンパー付きに変更するとプラス76mm必要

「乾太くん」本体上面から天井までの必要寸法=360mm

画像右が、ダンパー付き。高さが余分に必要に。
「乾太くん」本体上面から天井までの必要寸法=360mm
「乾太くん」本体高さ=684mm
天井高さ2400mmとすると、
⇒2400-684-360=1356mm
よって、設置台の最大高さは「MAX1350mm」となります!
(参考:専用台の2番目高さ=1330mm)
取付け高さについて、関連記事!
衣類乾燥機⑤ 乾太くん!取付け高さと排湿筒

まとめ

高気密住宅への設置には、”ダンパー付き排湿口ガイド”の活用を検討。

その際、注意点は取付け高さと寸法

設置コスト抑えるなら、天井下での配管

設置台の高さ(天井高2400mmの場合)
φ100使用 :MAX1400mm
φ80使用  :MAX1440mm
※φ100、φ80ともに2022年4月発売の、新部材を使用想定。

最近の洗濯機は大型化しており、高さ寸法のチェックを。

上記高さで、洗濯機が設置困難な場合は

天井裏へ排湿管を設置


この設置の場合、「乾太くん」上面から天井まで100mm以上で可。
⇒設置台高:MAX1600mm(天井高2400mmの場合)
「乾太くん」の”高気密住宅への設置”ついて解説しました。
新築での設置需要が高まっており、問い合わせも増加中。
せっかく設置するなら、納得して満足出来る取付けを。
経済的にもお得に、”ラク家事”生活を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました