衣類乾燥機① 乾太くん!4つの特徴とラインナップ

かんたくん

ガス衣類乾燥機「乾太くん」

4つの特徴とラインナップ

最近、購入希望者が非常に多い「乾太くん」について。

読み方は「かんたくん」

そもそも、何をするものなの?

洗濯物を乾かす為の、”衣類乾燥機”ですね!

最近になり、なぜこんなに人気が有るのか⁈

その特徴やラインナップについて解説します!

1.なぜ人気がある?製品の特長
2.大きさの種類やグレードは?
3.ラインナップ一覧
4.機能やその内容
5.まとめ

なぜ人気がある?製品の特長

リンナイの衣類乾燥機「乾太くん」の発売開始は1984年。

実に30年以上も前から販売されている、歴史ある商品。

最近になり、Twitterでバズったり、Yahoo上位キーワードになったりと話題に。

どうして最近になって、急激に人気が出てるの?

日本国内の、生活パターンや環境の変化の影響が大きいですね!

なぜ、人気がある?

①環境の変化
昔に比べて、”花粉の飛散”や”PM2.5”等のニュースが、よく取り上げられます。
心理的に、外に干したくない!という心境の変化があります。
②生活パターンの変化
現在は、夫婦共働きが一般化され、専業主婦世帯が減少。
家事に対して”時短”や”ラク家事”といったキーワードが求められる時代に。
ラク家事アイテムの一つとして、「洗濯物の乾燥」が大きなテーマになっている。
ドラム式の洗濯乾燥一体型の流行や、コインランドリーの増加でも分かりますね!

製品の特長

ドラム式の”乾燥機一体型洗濯機”も市場では売れています。

ドラム式なら、1台で完結しそうなのに、わざわざ乾燥機?

この「乾太くん」ならではの特徴が有るからです!

インスタグラム等でも、”ドラム式1台”で完結させるか。

又は、”洗濯機+乾太くん”にするか。

検討したり、悩んだとの意見が多く見受けられます。

実際、ドラム式1台のつもりが、後から「乾太くん」を追加購入した人も多い。

特徴① 乾燥時間が早い

乾燥時間が圧倒的に早い。

5キロ :約52分
8キロ :約80分

(画像:リンナイHPより引用)

5キロで約52分なら、洗濯機1回運転と同程度の時間。

大量の洗濯物があり、複数回の洗濯機稼働の場合は、効率がいい!

明日までに、子供の体操服を!って時にも、助かる~

特徴② 安心の低ランニングコスト

乾燥コストも安い。


(画像:リンナイHPより引用)

ガス料金単価、電気料金単価、その他条件等の記載あります。

解読して簡単に説明すると、プロパン料金510円/㎥の場合。

よって、常識的な試算をされています。

都市ガスの場合、もう少し安くなりそう。

コインランドリーに行くことを考えたら、ビックリの安さ!

特徴③ 仕上がりが良い

繊維を立ち上げて、ふんわり仕上がる。


(画像:リンナイHPより引用)

天日干しよりも、ふわふわの柔らかい仕上がりに。

ガス式なので、仕上がりはコインランドリーと同等!

特徴④ 生乾き臭をカット

衣類の悪臭を、温風で除去。

部屋干しすると、生乾き臭が発生する事が有る。

生乾き臭の原因は”モラクセラ菌”にあります!

モラクセラ菌は熱に弱く、65℃の熱に10分間さらされると、抑制される。

80℃以上の温風で乾燥するので、ニオイを取り除けます。

 

大きさの種類やグレードは?

大きさ(容量)の種類は、”家庭用”は3種類のラインナップ。

スタンダードタイプ:3キロ、5キロ、8キロ
デラックスタイプ :5キロ
業務用      :5キロ、8キロ、6キロ&9キロ(コインタイマー内蔵)

5キロとか、8キロって、何の重量なの?
脱水後?乾燥後?

よく問い合わせの有る質問ですね!

5キロとか、8キロは、”乾燥後”の重量。

ラインナップ一覧

家庭用機種での、ラインナップ一覧。

(2022年4月改定後価格に修正)

スタンダード デラックス
容量 3キロ 5キロ 8キロ 5キロ
 
型式 RDT-31S RDT-54S-SV RDT-80 RDT-52SA(-R)
定価(税込) 113,190円 147,840円 182,490円 182,490円
寸法mm
(高×幅×奥行)
609*550*506 684*650*561 684*650*641 684*654*545
重量(㎏) 24.5 31 33 41

どの機種が、売れ筋でオススメ?

売れ筋は、”5キロ”と”8キロ”ですね!

8キロは、近年の洗濯機の大型化に合わせて、数年前に設定された新しい機種。

個人的には”8キロ”がオススメ!

”8キロ”がオススメの理由

1.洗濯機が大型化しており、乾燥容量も大きい方が、利便性が良い。
2.薄手の毛布やシーツも8キロなら、乾燥可能
3.本体寸法が、5キロと比較して、奥行が違うだけ。
(5キロが設置可能なら、8キロもたいていは設置可能)

機能やその内容

機種ごとの”機能”について。

上記の機能表と合わせて、詳細はメーカーの公式HPを参照ください。

メーカーHPの説明で分かりにくい部分のみ、補足説明。

消臭運転

RDT-52SA(デラックスタイプ)のみに搭載の機能。
温風+プラズマクラスターイオンにより、衣類の消臭をするコース。
乾燥機能ではなく、”衣類の消臭”のみをする内容です。

ドラム除菌運転

ドラム内の定期清掃の為のコース。
庫内に温風を流して、熱により除菌をする。

静電気低減機能

RDT-52SA(デラックスタイプ)のみに搭載の機能。
取り出し口付近に、プラズマクラスターイオンを含んだ空気を吹き出す機能。
乾燥直後の衣類は、静電気が発生しやすく、ビリっとなるのを低減。

静音ドラム

RDT-52SA(デラックスタイプ)のみに搭載の機能。
ドラム内の金属の表面に、樹脂コーティングを施している。
衣類乾燥中に、ファスナー等の金属が擦れる音を低減させる狙い。

まとめ

最後に、ガス衣類乾燥機「乾太くん」のメリットとデメリットについて。

「乾太くん」メリット
・ラク家事したい筆頭の、衣類の乾燥が早い。
・ランニングコストも安い。
・仕上がりも良く、天日干しよりもフワフワ。
「乾太くん」デメリット
・衣類の素材により、縮みが発生する。
・洗濯機プラスの、設置スペースが必要。

今回は、話題沸騰中のリンナイ「乾太くん」のラインナップを中心に解説。

次回以降の続編記事で、

「機種選択の方法」「設置について」「オプション部材等」「業務用」を予定。

おうち時間が増加している状況下、快適でストレスの軽減出来るアイテムを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました