衣類乾燥機 乾太くん!設置事例(既存住宅での造作台)

かんたくん

乾太くんの”設置事例”(既存住宅)

「かんたくん」の、”設置事例”についての解説。

既存住宅へ”造作棚での設置事例”をご案内。

今回ご紹介の理由は、既築への設置でありながら、

1.専用台を使用せず、造作棚を作成して設置している
2.施主様が、ご自身で棚を作成され、コスパ最高の仕上り

上記の理由により、この記事を見ていただく方への”良い参考事例”になると思います!

”どのような見た目”に仕上がったのか、”予算はいくら”なのか分かります。

専用台での設置に迷っている人や、費用を少しでも抑えたい人は、ご参考に!

設置場所と必要寸法

まずは、設置後の完成写真

設置場所

設置場所としては、脱衣洗面室。

洗面所と脱衣所を兼ねた、1坪のスペースとなります。

従来よくある、1坪の脱衣所なのね!

ラク家事ブームが来る前に建築された、築年数15年ほどのお家。
1坪の限られた空間での、「乾太くん」設置事例です!

部屋の横幅1700mm程度なので、

洗面化粧台(W=750)⇒収納棚(W=300)⇒洗濯機スペース(W=650)
ここで、洗濯機上への設置を実現しています。

設置に必要な寸法

「乾太くん」を置くための、棚板必要寸法=W750mm×D630mm以上。

(8キロの場合。5キロの場合は、奥行D=560mm以上)

こちらの家の場合、元々の洗濯機スペースの横幅は、W=650しかありません。

下記が、「乾太くん」設置に必要な寸法です。

本体の両横(左右)は、約5㎝以上空ける必要があります。
5キロ、8キロの横幅≒65㎝ ⇒横幅は約75㎝必要
「乾太くん」本体の両側の離隔寸法を確保する為、造作棚の作成に合わせて、工夫をされています。
次項で、造作棚の詳細を確認してみます。

造作棚について

棚の大きさ

設置する棚の大きさは、設置基準に基づいた、最小寸法で作成。

(棚板寸法)幅750mm×奥行650mm
既存のスペースが、幅650mm程度しか無く、検討と工夫をしています。
検討事項
①洗面化粧台と洗濯機の間に設置してある、収納棚を撤去する。
⇒撤去すると、タオルや下着の収納場所に困る。
②収納棚を加工して、収納棚を残したまま「乾太くん」設置出来ないか?
⇒収納棚の、大工工事が必要となり、手間が増える。

検討の結果、②の”収納棚を加工”して、設置する事に。

 

加工内容
1.既存で設置していた”収納棚”の上部を、約10㎝カット。
2.「乾太くん」設置する為の、”棚板”寸法を、W=750mm確保

「乾太くん」を設置する為の、”造作棚”作製のビフォアフター写真。

非常にスッキリした、見た目の良い仕上がりになっています!

造作棚作成にかかった費用

造作棚の作成費用は、約4500円だったそうです。

材料は全て、ホームセンターで購入。

棚板

約3,000円
900mm×650mm×(厚み)19mmの板をカット。
購入店舗のカットサービスで、900mm⇒750mmに。
あし(棚板を支える支柱)
2本で約1,200円
38mm×89mm×(長さ)1,830mmの木材を使用。
(俗にいう、ツーバイ材です)
購入店舗のカットサービスで、1,830mm⇒1,350mmに。
緩衝材
U字型の緩衝材を、100均で購入。(110円)
長めの物を、カットして、角付近に設置。
上記を合計して、約4,500円となったそうです。

専用オプションに比ると、安上がり?

専用オプションの場合、8キロ用は定価28,490円です!

専用台(高)DS-80HSF
created by Rinker
¥22,373 (2022/12/04 19:13:30時点 楽天市場調べ-詳細)
専用オプションについての詳細は

本体と使用オプションについて

8キロ家庭用(RDT-80)と、排湿管セット(DPS-100KA)を使用。

本体(RDT-80)

家庭用「乾太くん」の8キロタイプを設置。

ガス工事以外は、施主様ご自身で設置の為、ネット購入。

コロナ禍等の影響で、発注から到着まで数カ月待ったようです。

2022年3月現在、即購入出来そうなショップを参考に掲載します。

※すぐ完売する可能性もあるので、ご容赦ください。

本体購入について、参考記事

専用オプション

こちらのお宅では、以下の排湿管セットを使用。

ダンパー付排湿管セット(DPS-100KA)

オプションについての詳細は、参考記事

まとめ

既存住宅への設置事例を紹介しました。

1坪の限られた脱衣洗面スペースに、スッキリと設置された内容でした。

造作棚を作成してのパターンですが、どんな場合にオススメで参考になるかまとめます!

造作棚のオススメパターン

●ご自身で、多少のDIYが出来る、楽しめる人。
●オプションの、専用台の見た目がイヤ。
●金額を抑えて、コスパ良く設置したい。
●寸法や強度、排湿筒も、自身で調べる意欲のある人。
●契約のガス屋さんが、ガス工事だけでも快く応じてくれる。

造作棚がオススメ出来ないパターン

●手間を省いて設置したい人。(専用台は現場に応じて寸法調整可能)
●メーカー純正品で、安心して設置を完結したい。
●契約のガス屋さんが、”ガス工事のみ”を嫌がる。
「乾太くん」の設置事例を紹介しました。
限られたスペースへ、上手にスッキリ設置をされた事例となっています。
参考になる部分が有れば、取り入れてみて下さい!
経済的にもお得に、”ラク家事”生活を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました